« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

不信任の理由

先日アデランスの株主総会があり、現経営陣側の提案が否決され外資系のファンドで
あるスティールパートナーズの提案が株主総会で可決されるという希有なことが起こった。

先日NHKで再放送されたハゲタカでもなかったケースである。

当初勝敗の行方は浮動株主がどちらへ投票するのか?で決まると予想されていた。

本来であれば、

外資にかき回されるのはNOだ!!

ということで現経営者側が勝つことが多いのであるが、アデランスのケースはそうでなかったということが大変興味深い。浮動株主の大部分はスティールパートナーズ側の提案に
同意したのである。

敗因は簡単にいうと現経営陣がトホホだったという事に尽きると思うがそれだけだと単なる悪口(^_^;)になるのでもうちょっと詳しくみていきたいと思う。

●現経営陣は企業統治する力がすでになかった
本来であれば自らの経営プランと実績をベースに株主に対して説明をして堂々と闘う
必要があったと思われるがユニゾンキャピタルという国内の投資ファンドを頼りに
してしまった。この段階でもはや自力で株主総会を乗り切ることができないことを
認めてしまった。さらにこのユニゾンキャピタルが提案したTOBの価額がアデランスの
純資産が一株1582円にもかからず当初は1000円であった。

これが低いと批判されると今度は1200円を提案してきた。これでは株主が信頼が
おけるパートナーとは思われないであろう。

●今期(平成21年2月期)は大赤字
●株価の下落(2007年の時の3分の1)

これだけの材料が揃えば「ハゲタカ」が勝利するであろう。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

ハゲタカよりすごい会計士達

以前は会計士というと真面目で冗談もいわず、メガネをかけて黙々と仕事をするという
イメージであった。ずっと前に聞いた話だが、ある会計士がお見合いの席で女性から

会計士ってどんなお仕事されるんですか?

と尋ねられると鞄の中から法規集を出して(今の法規集は鞄に中に入れることを諦めるくらいでかい、厚いので法規集が鞄の中に入れられたというのはかなり前の時代である)証券取引法が書いてあるところをめくり該当条文を指さして・・・・

こういう仕事をしています。

といって瞬殺されたということがある。

まあ笑い話だがいわゆる会計士のイメージを表していると思う。

ところが最近になると・・・・

グッドウィルグループを手玉にとり子会社の売却で380億円も「抜いて」しまい脱税疑惑
がかかっている会計士

粉飾決算を最初から認めて監査報告書に適正意見を出し続け、監査先から9000万円
借金をし自らが属する監査法人のお金を5000万円近く横領する会計士(株式投資で
多額の損失を出したと思われる)

平気でインサイダー取引をやる会計士

ものすごい会計士が続々と出現している・・・・(^_^;)

これらは会計士の資格を持ったバカとしかいいようがないが、会計士の資格を持った
詐欺師などが出てこないことを切に願う。



毎日の朝は、<東京新聞>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勘違いしていた親子

先日漢検の前理事親子が逮捕された。
問題が発覚した当初は父親のほうは

無給

ということを強調していた。まあ給与は直接もらっていなくても

勝手に(退職していないのに)退職金をもらっていたり
ファミリー企業に漢検から色々な作業を発注してそこに利益が集まるようにしたり

とおよそコーポレートガバナンスとはかけ離れていた実態があった。

この親子には違法性の認識がないようだが、自分が理事を務める団体に自分の
ファミリー企業を取り引きさせ、それを理事会の承認を得ずに、発注金額の決定
プロセスも不透明というでは、通常の知能があれば「背任」という文字が頭に
浮かぶはずである。

この後国税はこの親子に対する課税を再検討するだろう。

まさか、このスキーム構築のために弁護士、会計士、税理士は絡んでいないと思うが(それはそれでこんなことを実行する度胸はすごいのである(笑))・・・・・

きっとこの親子のことだから・・・・・

逮捕前にある程度の金額は秘匿したり
不動産の名義を奥さんなどに移したり

しているだろう(無駄な努力だと思われるが・・・・・(^_^;))

品性が下劣な人間はどんなときでもそのような行動を取るものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカさらけ出し

麻生氏のお友達内閣の1人である鴻池氏が急に官房副長官を辞任した。女性関係
のようだが、プライベイトは各人各様なのでまあ好きになってくださいなのだが・・・・

ところが問題は鴻池氏は公務以外に国会議員の権限を使って新幹線や飛行機
を無料にしたということだ。これらは税金で補填されるのであるが、鴻池氏は
税金でおつきあいしている女性との旅行を楽しんだようだ(セコイヤツ(^_^;))

彼は1月に同様のことで厳重注意を受けたようであるが、まあ

馬の耳に念仏というかバカにつける薬はないというか・・・

彼は健康上の理由で辞任し、病院に避難しているようだ。

健康上の理由といっても彼は4月には自らの健康をアピールしていた
そうある(笑)

つじつまを合わせられないヤツである。

麻生氏は任命責任に対して、健康上の理由は任命責任ではない
と面白いことをいっている。

首相としては知らないとかとぼけるのではなく、やはり是々非々て
対処して欲しいものだ。ああいう輩を庇うというのは・・・

でも健康上の理由であっても、健康が管理できずないヤツを
任命するというのは十分に任命責任を問われるはずである。

麻生氏は経営者の経験があるそうだがそんなこともわからないのだろうか(笑)

今回は河村官房長官が割合まともなことをいっていた。

河村氏>>>>>>超えられない壁>>>>>>麻生氏

なのか・・・・

とここまで書いたら麻生氏が一転任命責任を認めたようだ・・・

わけわかんない人だ・・・

記憶の多くが海馬止まりなのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何やっているのかわかりません

最近の新聞を読んでもニュースを見ても麻生氏は何をやっているかわからないので
論評できない日々が続く・・・・・

国の借金が846兆円を超えた・・・・
最近の財政出動というバラマキでもっと増えるだろう・・・・

本当にこの人は何をしていたんだろうか?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »