« ハゲタカよりすごい会計士達 | トップページ | No confidence? »

不信任の理由

先日アデランスの株主総会があり、現経営陣側の提案が否決され外資系のファンドで
あるスティールパートナーズの提案が株主総会で可決されるという希有なことが起こった。

先日NHKで再放送されたハゲタカでもなかったケースである。

当初勝敗の行方は浮動株主がどちらへ投票するのか?で決まると予想されていた。

本来であれば、

外資にかき回されるのはNOだ!!

ということで現経営者側が勝つことが多いのであるが、アデランスのケースはそうでなかったということが大変興味深い。浮動株主の大部分はスティールパートナーズ側の提案に
同意したのである。

敗因は簡単にいうと現経営陣がトホホだったという事に尽きると思うがそれだけだと単なる悪口(^_^;)になるのでもうちょっと詳しくみていきたいと思う。

●現経営陣は企業統治する力がすでになかった
本来であれば自らの経営プランと実績をベースに株主に対して説明をして堂々と闘う
必要があったと思われるがユニゾンキャピタルという国内の投資ファンドを頼りに
してしまった。この段階でもはや自力で株主総会を乗り切ることができないことを
認めてしまった。さらにこのユニゾンキャピタルが提案したTOBの価額がアデランスの
純資産が一株1582円にもかからず当初は1000円であった。

これが低いと批判されると今度は1200円を提案してきた。これでは株主が信頼が
おけるパートナーとは思われないであろう。

●今期(平成21年2月期)は大赤字
●株価の下落(2007年の時の3分の1)

これだけの材料が揃えば「ハゲタカ」が勝利するであろう。





|

« ハゲタカよりすごい会計士達 | トップページ | No confidence? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
fn3WvGd2

投稿: hikaku | 2009年5月30日 (土) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不信任の理由:

« ハゲタカよりすごい会計士達 | トップページ | No confidence? »