« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

相手にしないよろし・・・・・

民主党がマニフェストを発表してから(現)与党のパッシングが一斉に始まった。
感心するのは与党がキャンキャンいっているのに対して民主党はこれに対応して
キャンキャンいっていない。自らの責任で発表したマニフェストで堂々と政策論争を
して選挙に勝った暁には新政権にこのマニフェストを是非実現して欲しいものだ。

私はどちらの支持者でもないが、両者の党首を見てるとやはりその差は歴然である。

自民はまだマニフェストを発表しておらずキャンキャンに終始しているが、麻生氏は自らの
政治家としての責任をなんら総括していない。

今度の選挙の勝敗ラインですら記者会見の時に語気を強めて記者に言い返しただけで
あり、前回の小泉氏は負けたら辞職するとまだ言ったのとは対照的である。

今回の民主党の鳩山氏も

政権取れなかったら責任と取る
マニフェストを実現できなかったら責任を取る

と自らの退路を断っている。

現状では総括もせずに日本をこれだけダメにした自民党とまだどうなるかわからない民主党という構図である。

アメリカの戦略では段々と日本のウエートが低くなっているようだが、まあ。こんな連中相手にするだけ時間の無駄だと思っているのは容易に想像がつく。

このままだと与党をチェックするという意味での立派な野党には自民党はなるのは無理かもしれないと強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Can not stop TOHOHO

細田氏がやってくれたと思ったら今度は麻生氏の番(^_^;)

高齢者に対して

「働くことしか才能がない。80(歳)過ぎて遊びを覚えても遅い」

といったそうな・・・・・

高齢者の活力を引き出すことの重要性を説いた際の発言だと思われるが、これは
言葉を知らないというか話し方を知らないとしかいいようがない・・・・

麻生氏は意図が伝わっていない・・・・とコメントしたそうでだが、こういう後で訂正したり
その発言の真意は・・・・などと説明することが必要な発言は最初からすべきではない。

しかしこの人は何度もこういうことを繰り返して学習したと思うが・・・・
ひょっとしてMSIME並の学習能力しかないとちょっと困る・・・・(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

トホホな人に・・・・・

例えば仕事が出来ない人に

あなたは仕事が出来ないな~

などといわれると

お前に言われたくない

という感情が自然にわき上がるものである。

先日の細田幹事長の発言(後に撤回)で

「役員人事だろうが閣僚人事だろうがどうでもいいことだ。だけど、その方がみんな面白いんだから。それは日本国の程度を表している。国民の程度かもしれない」

といったそうだ。

彼に一番言われたくない発言である(笑)
現行の役員人事でも閣僚人事でもそう面白いものだとは到底思われない(笑)

もうバカなことをいうのはこれで終わりにしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうトホホな野党ですね

解散前のテレビを観ると、民主の岡田氏、自民の細田氏(笑)、公明の北川氏らがセットで
出ずっぱりだった。

ある番組を観ると岡田氏の話に細田氏(笑)と北川氏が攻撃していた。

それをみると、与党の案に野党の議員がかみついているような絵だった。

岡田氏は

もう自民党は立派な野党ですね

といったそうだが、とても「立派」には見えなかった。

実際に解散が始まると民主党はマニュフェストを次々と具体化して発表しているが自民党は反麻生の中川氏が麻生氏と握手をしてみたり、議員の激励に麻生氏が涙ぐんだりと
ビジョンを示して堂々と民主と論戦をするというよりも

お涙頂戴
同情

という絵が多かった印象がある。

選挙は結果をみないとわからないが、同情とか死んだふりというのは最後の手段に
使われるが、死んだふりが成功した場合は当然に死んだふりをする以前に戻るのが
一般的である。

死んだふり後は見違えるようになった・・・・

ということはないだろう。

少なくともこの時点で党のマニュフェストが出てこないというのは論外ではないだろうか。
野党というとまだ組織であるが、今の自民党は組織というよりも烏合の衆と感じる。

能力がないものが反省しても、真摯に受け止めてもそれが能力にターボチャージが
かかって見違えるようにはならないものだし、60歳過ぎて反省しても改善するのは難しいだろう。

毎年2月の地域の無料申告相談に出席して思うのは以前は老年者控除があり税の負担
が軽くなっていた年輩の方々がこの老年者控除がなくなり、税の恩恵がなくなった。
いわば年寄り増税である。

こういった老人にさらなる負担を求めるような現状のシステムは「容赦ない」システムだと
痛感している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

断末魔の様相

都議会選挙惨敗後の自民党を見ているともう党というか組織の形をなしていないように
みえる。

中川元幹事長らが提出した両議員総会の開催要求に必要な3分の1の名簿も執行部は
精査してみたら必要な数に遠く及ばないという結論となったがそこには署名した各人に
対して執行部の切り崩し(署名したら党の公認はしないとか・・・)工作があったようである。

あるいはここには首相決断もない・・・

首相が正式な場で総括して自分の決意を示す・・・

ということであればそれはそれで良いと思うが、麻生氏は党が両院懇談会を開催すると
決めたから・・・・

という他人任せで自らの意思で打開する姿勢もない・・・
逃げ回っているように思える。

加藤元幹事長が国民をおそれてはいけないといっていたがその通りだと思う。

この一連の動きをみると批判のレベルにすら達していない

本当に情けないにゃ~

もう政治の舞台に戻ってこなくてよろし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レベル

いよいよ選挙まで大詰めになってきた。
ところが見ていると、自民党はありとあらゆるものを利用して与党にしがみつくことしか感じ
られない。今朝ワイドショーを観たがそこには自民党最大の派閥の領袖の町村氏がテレビ
出演していた。

彼がいったのは鳩山氏の政治資金のことだけだった。

もちろん、良くないことを納得いくまで追求するという姿勢は大切だがこれだけというのは与党の最大派閥の領袖としてはかなり物足りない。民主の岡田氏の町村氏にも問題が
あるようなことを述べていた。

民主は政権奪取がメインが具体的なものが伝わってこない。まあマニュフェストがあるだけ
今の自民党よりも組織としてマシかもしれないが・・・・

少なくても自民党は毎日税金を使って麻生おろしがどうかとか、内閣改造がどうだとか
退陣なんちゃらかんちゃら・・というドタバタが日を追うほどに目立つ。

景気浮揚と財政再建のロードマップすら示せないなんて・・・・・・

論外である。

政治家なんていなくても日本はなんとななるのではないか・・・・
政治家って早起き以外は何もできないのではないか・・・

と思える気がしてきた・・・・(^_^;)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »