« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

金と結婚

麻生氏が学生集会で

「そりゃ金がねえなら結婚しない方がいい。うかつにそんなことはしない方がいい。金がおれはない方じゃなかったけど、結婚遅かったから」

といったそうである。金はおれはない方じゃなかったけど・・・・は意味不明だが前半は注目する発言である。

問題はなぜ金がないからなのか・・・・

なのだ。

ここ数年間で企業を含む体制といわれるものの信頼性は大きく下落した。

以前NHKで昭和57年当時の番組で当時の新入社員を集めて糸井重里氏司会のYOUという番組を流していた。

当時の新人は

社長を目指す
出世したい

という希望を口にする人がほとんどであった。今みると大変違和感があるが、当時は

体制に属するということ=安心して働ける

ということだったのだろう。

自分が属している体制が安定していると希望を持った将来の生活設計を立てやすく
そこには、結婚、家族、住居という長期にわたりかかわっていくものについても
実行しやすくなる。

ところが体制に属していなかったり、体制が不安定だったりすると状況は一変する。

いつクビ切られるかわからない
給与が上がらない
正社員になれずに低賃金からいつ脱出できるか目処がつかない
会社が来年あるかどうかすらわからない

その体制の最たるものである国家やトヨタのようなビッグビジネスが安定していなれば、長期的なプランを立てることはできない。

麻生氏の最初の言葉自体はほぼ間違っていないだろう。

しかしながら、「金がない」状態がどうして生じてどうして体制が安定しなくなり恥も外聞もなく従業員を切り捨てることが横行するのか・・・・

ということを考えると自民党がいままでやってきた政治と無関係ではないだろう。
少なくても借金が800兆円を超える国家を作ってきたのは誰の責任なのか麻生氏
を始めとする歴代自民党のお歴々の方々は考えたことがあるのだろうか?

自ら原因の一端を作っておきながら、冒頭の発言を不安をもっている当事者に言い放つというのは、一国の指導者の資格はないといわざるをえない。

もういい加減に引っ込んだらいかがですか?>お歴々の方々

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IFRS

このところ国際会計基準(IFRS)が身の回りで話題になっている。
簡単にいうと日本の会計基準は世界的にみてかなり特殊なので国際的な基準に統一する
ということである。

少し内容をチェックしてみると、もしこれを適用するとかなり大変で企業の負担は相当なものがあると思われる。

テクニック的なことはさておいてどうして国際的な会計基準を適用しなればならないのだろうか・・・・・

海外の投資家を意識していると思われるが、何事にも光があれば影もある。

たしかに(導入の労力の問題は別にして・・・)世界的な基準の会計を適用すれば企業間の比較は簡単にできる。

キリンとネスレの比較も同じベースでできるので今よりも比較分析がしやすい・・・

しかしながら影の部分でいうと、それだけ海外資本から乗っ取られる可能性も高くなることになる。

雑誌や新聞を見ると、早く対応しないとエライ事になる・・・的なトーンの煽りが目立つが、まだIFRSがどの企業にどの程度適用されるか決まっていないので今から慌てるとIFRS特需を願っているところに食い物にされる可能性ある(^_^;)

一生懸命勉強して何も乗っ取られやすくすることはない(笑)

仮に上場会社にIFRSが将来強制適用された場合には、乗っ取りのリスクを乗り越えても海外に資金調達を求める会社は適用すればいいし、そういうメリットがない会社は上場を止めるという選択肢もでてくるのではないかと思う。

少なくとも何も決まっていない時点で闇雲にIFRSに突き進むのは止めたほうが良さそうだ。

140兆円あればトヨタ自動車買えるよな・・・・・

的な発想がIFRS適用後には横行しそうな気が・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな願い(^_^;)

このところの大雨や連日の押尾容疑者と酒井容疑者の逮捕の情報で来る8月末の選挙の印象が霞んできている。先日テレビを観ていたら、急に

見たことあるが
歌手ではないし・・・
俳優でもないし・・・
悪役の顔だな~

と思っていたら麻生さんだった・・・・・

思い出すまでに数秒かかってしまった。

私がずっと言い続けたように日本経済は全治3年(ということはあと2年やらせて欲しいということか・・・・・(^_^;))と主張していた。

日本が未曾有の借金大国になったのはたしか自民党政権下だし、天下りなども根絶するともしないともいわないまま、そのまま横行しているし・・・・

老人に対して増税をして福祉で切り捨てているし(病気が治らなくても強制的に退院させられるし・・・)

公的年金資産の時価が去年よりも20%弱も下がるし

インド洋沖の給油もアメリカは日本がやってくれるとありがたいが、できないならできないと
いって欲しいというスタンスだし・・・・

国土交通相は地元で「私が道路を持ってきた」と堂々と税金を自分の選挙のために
使ったことをカミングアウトするし・・・・

もう酒は断ちます・・・・などと個人的なことを支持者に宣言している北海道のどこかの二世議員もいるし

出ないといったのに出るといったり出るのやめろといったり・・・お化けぢゃないんだから・・・

できれば選挙後はなるべく顔を見ないですむことを切に願いたい(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンミュージックといえば・・・

酒井容疑者が出頭して、焦点は入手経路と協力者に絞られてきた。

実は酒井容疑者が当初失踪したということと酒井容疑者の所属事務所がサンミュージックということであることを思い出した。

昭和50年後半にサンミュージックに岡田有希子さんという歌手がいた。それなりに人気があり、清楚でいわゆる清純派であった。ところがその岡田有希子さんは人気絶頂の時にサンミュージックのビルから飛び降り自殺をして短い人生の幕を閉じた。

岡田さんは酒井容疑者よりも清楚で可憐であった(個人的な感想です)が
その可憐さと自殺現場の血が飛び散った無惨さが一層悲しみを誘ったものである。

そのことを連想してしまったがある意味そこまでいかなかったので個人的にはホッとして
いる。

まあ、やってしまったことは元にはもどらないが、まだ人生はあるし、或いは大麻を過去にやっても立派に芸能界で再起している人もいる(再犯したヤツもいるが・・・)

生きてさえいれば何とかなるものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のりピーさんへ

のりピーこと酒井法子さんに関する報道の急展開にはびっくりしてしまう。
のりピーはそれほどファンではないが、それでも彼女がテレビに出るとついつい観てしまう
というプチファンである。

昨日まで子供と共に失踪という扱いだったが一転酒井容疑者となり失踪が逃走になった。
芸能人はテレビに露出している部分は必ずしもその人本来のものでないことが多いので
のりピーの本当の性格は知るよしもないが、それでも彼女が覚醒剤を保有して(吸ったという報道もある)警察から(自称プロサーファーの夫と彼女との共通の知人と一緒に)逃亡しているということはなかなか想像しにくいものだ。

いずれにしてもあれだけ顔が知られているので長期的な逃亡は不可能だと思われる。

早く自首して全てを話して欲しいと思う。

芸能界では覚醒剤を使った人でその後反省を見せて立派に活躍している人が少なくない。

再起に向けて前向きに考えて欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お盆休み(苦笑)

来週からお盆休みを取る人が多い。
今日私の知り合いが勤務している外資系の会社は、10日からお盆休みを取るそうだ。

へ~、外資系の会社でもお盆休み取るんだ・・・・日本の習慣に合わせているね~

その一方で監査法人は・・・・・・・

お盆休みはありません!!

というところが2社あった。他は知らないが大体監査法人は同じようにお盆休みはないと
思われる。

外資系の会社にお盆休みがあって日本に会社にないというのは・・・・・・(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

それって世襲では?(笑)

青森一区は先日政界引退を表明した津島氏の選挙区である。
津島氏は引退するときには後継者を指名しないといっていたが、最終的には
津島氏の長男が同じ選挙区から出馬するようだ。

これって世襲では?
誰もが抱く疑問である。

自民党の青森県連は「世襲ではない」と主張する。

それは党の基準に従った公募の結果津島氏の長男が選ばれたということが
理由になっている。

ところが公募で津島氏の長男が選ばれた経緯が明らかではない。

これを公募(というよりも駆け込み世襲)というのは当事者のみに通用する理屈であり
世間一般には通常しないだろう。

狭い小さい世界でこんなことをやっているなんて・・・・・

どうしてこんなレベルでもめるのか理解不能。

この時期になると宮崎で某元閣僚が選挙に出馬しないといったり、やっぱり出馬するといったりわけわからん輩が湧き出てくるな・・・・・夏だからのか(^_^;)

いい歳をした大人がバカなことを真顔でいわないで欲しいものだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚顔

先日後出ジャンケン的なマニフェストが自民党から発表された。
マニフェストは将来のための色合いが強いが自民党はまだ総括をしていない。

仮に自民党が衆議院で勝利して与党のままだとした場合に9月に自民党の総裁選が
行われるがそれを考えると迫力に欠ける。

来年の後半2%の成長率だとか家庭の手取を今後10年間で100万円増やすとかいう
もののあった。

言うのは勝手だが、自民党がここまでのことをコントロールできるとは思えないし、100万円に至っては向こう10年間っていったい・・・・(^_^;)

マニフェストの意味がわかっているのだろうか(笑)

家庭の手取りをあっという間に減らしたのも、バラマキを復活させてこれだけの借金を
増やしたのも、国際社会から相手されなくなったもの

自由民主党のここ数年間のメンツのおかげだし・・・

テレビや新聞ではあんまりこの人たちの顔は見たくないものだ。

あまりレベルの低いマニフェストを出さないでもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »